人生の大事なことは全て岡田が教えてくれた

どうもTAVノウハウコレクターのソクローです。TAVを愛し岡田尚也をも愛した男その名もです。 岡田さんから学んだこと、活動を書いていきます

がち道聞きを舐めるやつはバチが当たる

がち道聞きを舐めるやつはバチが当たる

 

 

本日分かったこと2つあります。

 

 

1つ目!

 

「演技って疲れるんだなー」

 

がち道聞きの時に
郵便局や交番など探してないものを本気で探そうとする演技は本当に体力が奪われます。

 

 

これはペンギンや不味いラーメンを探すときは感じていなかったことでした。


演技する、成りきるって疲れるものなんだ。

 

今までの自分のアプローチが如何に手を抜いていたかがよくわかりました。


自分にとっては何十人目の女の子だから、疲れいる、ナンパーズハイになってテンションが上がっている、逆に1人目だから緊張しているなんて

 

今アプローチしている女の子にとって知ったこっちゃない。


その子にとってあなたのアプローチは初めてだから。

 

よって真剣にやらないといけない。

最初は上手くいっていたのに
ナンパを始めてからある程度立つと上手くいかなくなるの原因は


・考えすぎていること。
・アプローチが余裕になって手を抜いてきた       こと

 

2つなんだろうと思いました。

 

どんな子でも真剣に演技して、その子に集中して、楽しませることだけ考えれば解決すると思いました。

 

 


2つ目!

 


「がち道聞きってさ実は2つあるんだよ!知ってた?」

 

 

がち道聞きは
→ガチで本気で道を聞く
→ガチで軽く道を聞く

の2つ存在します。

 

 

前者はさっき述べた演技する方で非常に疲れるやつです。

 

しかしこれ際マスターすれば
相手に自然に声をかけれるつつインパクトを与え、ガンシカが減るメリットがあります。


演技力を鍛える練習です。

 

 

 

そして後者は

 

相手の懐に入る練習です。

 

 

軽い道聞きとは

ソクロー「ね!、ちょっといい?」
「ロフトってさあっち?」
「あ!まじで!ありがと!」

こんな感じ

 

 

このアプローチは手軽にできるかつ岡田さんのいうアプローチのノリというものがよく分かります。

 

 

岡田さんはアプローチをする際のマインドは
「あいつ、つまんなそーだなちょっと笑わせてくるか」っていうのはみなさんご存知ですね

 

しかしソクローは正直このマインドは
合わなかったす。はい。合わなかったす。

岡田さんすみません。

 

 

それは
ソクローのトークが下手なため

・笑わせることへのハードルが高くなること
・笑わせそうと頑張りすぎて空回りになること

 

結果、「この人変な人だ!」認定の判子をもらうことが多かったからです。

 

 

しかし今日の軽い道聞きで
ソクローに合うアプローチのノリが分かってしまいました。

 

 

それは

ソクロー「ね、ちょっといい?」
女の子「ガンシカ」

ソクロー「いや、、ロフトってさあっち?」

ソクローの心の声
「は?、お前なんかナンパするかよ。なに自意識過剰になってんの?そんなことより早く道教えろよ」

女の子「え!?はい、あっちです💦」

ソクロー「あ、まじで!ありがと!」
ソクローの心の声
「あいつナンパだと思ってたのかなーいやいやお前なんかナンパしないって笑」

 

 

はい!このマインドです。

いやー悪いやつですね。ドSっす。

 

 

これを今日可愛い子にもやってました。
道聞いたあとの驚く顔を見るのが本当に楽しいっすよ。

 


ではなぜこれが懐に入る練習なのか?

 

 

まず見てもらった通り
岡田の理想とする上からであること。

 

つまりこのマインドを取り入れることで無言のSのすり替えができるんです。

 

 

お前なんかナンパするつもりないって何ナンパだと思って無視してんの?恥ずかしいやつ

あっでもなんか反応いいからしゃーなし楽しませてやるか!

 

ここでは前回いったリズムが大事です。

言葉を選んだ瞬間、
女は「なんだナンパかよ、しょーもな」ってなって一気に立場が変わるからです。

 

 

そして今日ソクローは
がち道聞きで連れ出しに成功しました。

 


アプローチは
「ねっ!ちょといい?ロフトってさ右?左?」
(ロフトに我が相棒のユウジローさんが待ってたためガチで道を聞いた)

しかし反応が良く、旅行者でもあって
ここから本当に連れ出しができました。


対峙会話では辻褄を合わせるのには苦労しましたが

 

なんとか恋愛話に持っていくことができました。

 

この対峙会話中、完全におれは今岡田だなって思うほど相槌や言葉の使い方が岡田でしたね

 

まぁここはどうでもよく

そんで
ハンドテスト成功までいきました。

 


しかしグリップの確認はできず
久しぶりに手をつないだソクローは胸がドキドキしてしまって

楽しませることよりも論理で説得する感じになりホテルオファー失敗してしまいました。

 

 

ホテルオファーって緊張しますよね?

 

 

岡田さん曰く
「アプローチはクロージングと一緒で楽しませることが重要であってそのためにも別にやれなくていいマインドが非常に大事である」

 

 

はい!ここです!
みなさん分かりました?

 

 

ソクローのマインドでいうと


どんな可愛い子が相手でも

これは目つぶっても、バックでも絶対にヤれない生理的に無理な女の子だと思いこみます。


サインでる

焦燥感切る

ビックリする

手を出す

握ってくる

グリップする

握り返してくる

ユニークにホテルオファーする

満更でもない

ホテルの前までいく

ちょっとグダる(形式グダ)

ソクロー「あ、無理?じゃあ、まだ帰ろっか!バイバイ!変な人に声かけられるなよ」

 

女の子「え!?うん……バイバイ💦」


女の子の心の声
「えーーー!!!!まじでーーー!そんなことある!?まじでヤってもよかったのにーーー💦」

 

 

これがソクローの「別にやれなくていいマインド」ですね。

 

 

てかお前とは絶対にヤらないけど感情だけもてあそんでやるか!
っていうマインドが

常に立場上位になって結果、上手くいくんですね。

 

 

逆にサインでたけど、これクロージングできるかな?いけるかな?
ハンドテスト苦手なんだよなー

って思った時点で立場は一気に下手に出ます。

 

今日のソクローがそうです。

 

 

そうじゃなく
「お前なんかとは絶対にヤんないけど、面白いからハンド、グリップ、ホテルオファーまでしゃーなししてやるよ」ってマインドで

 

 

 

そして無事ホテルインした瞬間に

「やったー!まさかのゲットできるぞー!!今日オナ禁何日目だ?
4回戦できるんじゃね?ふつーに流れで一回戦
コスプレさせて二回戦、お風呂で三回戦、朝起きて四回戦!よしゃー楽しむぞ!おれやっぱすごい!うん!すごいやつだ!」

 

 

にするだけなんです。

ようは直前まで自分を騙すこと。

 

そして強気になるためにはどういうマインドが自分にとって理想か考えてみると面白いですよ。

 

 

ソクローはおそらくこのマインドがマッチしていると思いました。

 

 

結論

がち道聞きから予想もしてないほどの学びがありました。

 

道聞きなんてふつーにできるしこのレベルじゃない!俺が知りたいのはロストアプローチからだって思ってた自分に教えてあげたいっす。


「がち道聞きを舐めるやつはバチが当たる」

これは本当のことっす

 

みんなで極上の美女ゲットだぜ!


f:id:yamazi0519:20170526120018j:image

 

 

 

 

ありがとうございました。