人生の大事なことは全て岡田が教えてくれた

どうもTAVノウハウコレクターのソクローです。TAVを愛し岡田尚也をも愛した男その名もです。 岡田さんから学んだこと、活動を書いていきます

1人でも多くの人に知ってもらいたい事実

こんにちは。

ソクローです。

 

今日は甲本さんからのお話をコピペしときます。

これはみんなに知ってほしい事実なので張っときます。

 

どうぞ!

 

 

どうも 甲本です。

ここ最近、僕の人生を
大きく変えるような出来事がありました。

これから先の生き方を決定づけるほどに
インパクトのある秘密に気づいてしまったんです。


正直に申し上げて、僕はこれまで
どうしようもない愚民でした。

会社も経営していて、
従業員たちにもきちんと給料を払っているし、
ボクシングでも成績を残しているし、
様々なジャンルで知識も技術もある。

資産も年々増えているし、
でっかい野望もあって
それに向かい日々前進してきた。

自分を磨く努力を怠ったことはありません。

人の何倍も努力してきた。

それだけは自信を持って言えます。


しかし、

そんな僕でも完全なる愚民だった。

そう言わざるを得ません。


なぜそこまで思ったか?


それをこれから数回のメルマガで
書いていきたいと思いますが、
どうか最後までお付き合い頂ければと思います。


実は今、我々人類は想像しているよりも
はるかに大きな危機に直面しています。

すぐに真実を知らなければ
ジョーダンでも脅しでもなく、

人類は滅亡、もしくは、家畜化される、

そんなおぞましい可能性を秘めています。


馬鹿じゃないの?(笑)

滅亡とか家畜とか本気で言ってるの?

と思った方がいたなら、

・第三次世界大戦が絶対に起こらない。
・人類を支配しようとしている権力者なんか絶対にこの世に存在しない。

この2つを妥当な理由と証拠を添えて
僕まで送って下さい。

僕自身も滅亡や家畜化なんて未来は
断固として許容できないので
居ても立ってもいられず
このメルマガを書いています。

だから、僕の考えが単なる勘違いであり、
このメルマガがお騒がせメルマガで済むのであれば
それに越したことはありません。

そして、それを切に願います。


だがしかし、滅亡と家畜化という未来に向かって
人類が突き進んでいる可能性が拭えないのであれば、

そうならないために僕はこのメルマガで
真実を伝えていきますので、
一人でも多くの人に拡散してもらえたらなと思います。


大衆というのは一人一人の力は弱いものですが、
団結した大衆ほど強いものはありません。

もし、日本人全員がこの事実を知ったなら
今の状況は一瞬にして覆せます。

それだけでなく、日本経済は好転し、
無税国家、医療費の無料化、学費の無料化、
週に4日程度の労働で十分に豊かな暮らしができる社会、
そういったユートピアをも作り出すことができます。


だからお願いです。

真剣にこのメルマガを読んで下さい。

世界に今何が起こっているのか?

その真実を知って下さい。
あなたとあなたの大切な人の未来のために。


では、参ります。

たくさんの問題を抱えている人類ではありますが、

まず、第一に

「食の問題」

について語らせて下さい。

普通に暮らしている我々庶民にとっては
これが一番身近な問題だからです。


コンビニ弁当は体に悪い。

これを聞いたことがない人は
おそらくいないんじゃないかと思います。

コンビニ弁当ほど栄養価も高く、
栄養バランスもしっかりしていて、
最高の食事は他にないよーと言う人には
今まで一度も会ったことがありません。

みんな体に悪いとわかりつつも
早いし便利だからという理由で
妥協して買っているんだと思います。

しかし、具体的にどれくらい体に悪いのか
知っていますか?


遺伝子組み換え食品」


というものがあります。

これはDNA操作をして作られた作物のことです。

全世界でこの90%のシェアを独占しているのが、

モンサント

という会社です。

では、モンサント社はどうやって膨大な量の
遺伝子組み換え食品を生産しているのでしょうか?

その驚くべき仕組みを解説します。

まず、広大な土地に例えば大豆を植えます。

そして、そこに空からラウンドアップという名の
強力な除草剤を撒いていきます。

ラウンドアップはあらゆる植物を枯らしていきますが、
遺伝子を組み替えられた大豆だけは枯れずに
すくすくと育っていきます。

これによって農業の生産性は飛躍的に向上。

世界の食糧危機は見事に解決されました・・・。

となればいいのですが、

普通に考えて疑問を持つはずです。


「そんな大豆食べて大丈夫か!?」

と。

もちろんモンサント社は大丈夫だと言い張ります。

ラット実験も行い、90日間経っても
遺伝子組み換え食品を食べたネズミは生きていたと。

これを聞いてあなたは

「それなら大丈夫だね!」

となりますか?

食品というのは毎日毎日食べていくものです。

これから先何年も何十年も食べていくものです。

それをたったの90日間だけ検証して
安全ですと言えるのが不思議でたまりません。


そして、事実
こんな研究結果があります。

2012年9月、フランス、カーン大学のセラリーニ教授らの
研究チームが発表した実験結果によると、
ネズミの寿命に当たる2年間の検証を実施した場合、

遺伝子組み換えの餌を食べたネズミは、
その多くがガンなどの悪性腫瘍にかかることがわかったそうです。

4か月目頃から既に腫瘍が現れはじめ、
11~12ヶ月目になると爆発的に増える。

これは人間だったら35~40歳の若さで
ガンになるという事を意味します。


4ヶ月目って・・・。


つまり、モンサント遺伝子組み換え食品を食べ続けた場合に
ネズミに異常が発生しないギリギリの期間が90日だということを
知っていたんじゃないかと。

そう判断されてもおかしくない事実があるわけです。


で、さらに恐ろしいのは
世界で最も遺伝子組み換え食品を食べさせられているのが

我々、日本人

だということです。


海外では遺伝子組み換え食品の輸入に対して
厳しい規制を行なっているところも多いです。

ロシアでは全面的に禁止。

遺伝子組み換え作物を栽培することも
輸入することも禁止。

さらには、遺伝子組み換え作物を餌として育った
家畜などの動物に関しても輸入を禁止しています。


ヨーロッパなどでも規制があり、
規制がゆるい日本に遺伝子組み換え食品は
集まってくるような構造になっています。


とは言っても、納豆とか豆腐とか買う時に
成分表示を見ると「遺伝子組換えでない」って
大抵のものには書いてあるし、
それを避けてれば大丈夫じゃないの?

という疑問があろうかと思います。

しかし、そこにも落とし穴があるんです・・・。


日本の規制では、表示の抜け穴が多数あります。

例えば、組み換えDNA、およびそれによって生成した
タンパク質が残らないものには表示義務がないんですね。

組み換えた遺伝子や、その遺伝子がつくりだしたタンパク質が、
食品の中に残っていれば、検査でそれが検出できますが、
油や醤油などの場合には、それが残らないので、
検査をしても材料が遺伝子組み換えかどうかがわかりません。

そういうものには表示義務がないんです。


で、日本で出回っている遺伝子組み換え作物は主に4つ。

とうもろこし
大豆
菜種
綿実

これらを使って作られた加工食品は
今市場に溢れかえっています。


例えば、

遺伝子組み換え食品を餌として育てられた家畜の
肉、卵、牛乳、乳製品、

サラダ油、植物油、マーガリン、ショートニング、マヨネーズ、

醤油

コーンシロップ、果糖ぶどう糖液糖、異性化糖、水飴、みりん風調味料、

などなど、ありとあらゆるところに
遺伝子組み換え食品という名の毒が
混入しているということです。

まったくもって、めまいがしてきますが、
この事実に目を向けなければ
自分自身も、家族や仲間も、次の世代の子供達も
守ることはできません。


現代は病気が多様化し、
病人は増え続け、
日本人の死因の第一位はガンです。

これって、食に原因があると考えるのが
自然ではないでしょうか?

僕らの体は食ったものからできているわけですから。


遺伝子組み換え食品だけに限らず、
添加物や人工甘味料などにまみれた食品によって
日本人は弱体化させられている。

ガンを始めとする様々な病気にかけられ
殺されている。

そう捉えざるを得ない現実があるわけです。


「でもさー、遺伝子組換えとかさー、添加物とかいろいろ言うけどさー、
 そんなこと気にしてたら食うもんなくなるじゃん!(笑)」

と反論する人もいるかと思いますが、
その通りです。

食うもんがないんです。

そして、このままいくと
もっと食うもんがなくなっていくんです。

それなのに黙ってこの状況を
流されるがままに受け入れてしまうのは
間違った判断ではないでしょうか?

遺伝子組換えにしても、
添加物にしても、
人工甘味料にしても、
食べてすぐに体に悪影響が出るわけではありません。

だから、危機感を抱きにくく
すぐに行動しなければ!
という気持ちになりづらいのは事実です。


しかし、

確実に我々の体は蝕まれていってる可能性が高いですし、
これらの食品は次の世代にも影響を及ぼすと言われています。

もし、自分の子供が奇形児や障害者に生まれてきてしまったとして、
その時に我が子に対して

「ごめんなー、お父さんが危機意識も持たずに
 毒になるものを食べ続けてきたから
 お前はこんな体に生まれてしまったんだよな。
 本当にごめんな。」

と謝れますか?


世の中が間違っているのであれば
それを正すべく動かなければなりません。

遺伝子組み換え食品に対する規制や法律を
政府に作らせなければいけません。

事実を知るための努力をし、政治にも関心を持ち、
自分にできることをすぐに実行するべきだと
僕は思います。


その意味で、僕は愚民だったと
冒頭で述べたわけです。

僕自身、政治にはほとんど無関心でした。

飲み会の席で友達が政治の話をしようものなら

「そんなつまんない話じゃなくて、
 もっと金とか女とか遊びの話をしようぜ!」

と心の中で思っていました。

しかし、事実を知って
本当に深く反省しています。

政治が人生の基盤であるにも関わらず、
そこに関心を抱くこともなく、
まんまと家畜のように飼いならされていたわけですから。


でも、もう目覚めました。

この命に変えてでも
腐敗した世の中を変えると
僕は心に堅く決めました。


政治を動かすには
まず事実を一人でも多くの人に
伝える必要があります。

本来ならこれはマスコミの役割だと思いますが、
残念ながら電通を始めとするほとんどのマスコミは
日本に毒をばら撒いている支配者側に買収されており
事実を伝えるという役目を果たしていません。

だから、僕はこの内容をメルマガで書きました。

あなたも一人でも多くの人に事実を伝えてください。


明日のメルマガではまた医療に関する闇を
お伝えしようと思いますが、
今回の内容に関して感想や質問などは
ガンガン送ってください。

よろしくお願いします。


ではでは

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。


甲本

 

追伸1
「主要農作物種子法廃止法案」というのを
ご存知でしょうか?

実は多くの農家の人でさえ
この重大な事実を知らない現実があります。

森友学園問題をマスコミが煽りまくり、
ちょうど籠池氏が証人喚問されていた同時刻、
その裏側で種子法廃止法案が瞬く間に可決されていたんです。

「種子法?ナニソレ?」

「何がそんなにヤバいの?」

という方のために
三橋貴明という経済評論家が
わかりやすく解説してくれている動画がありますので、
ご紹介しておきます。


三橋貴明】種子法廃止で農家が潰れる大恐慌が到来!
http://genkaitopparon.com/syushihou


内容を確認されましたら、特に農家の方なんかには
この動画を拡散してもらえたらなと思います。

むやみに不安にさせるわけではありませんが、
農家の方を含め、日本の将来に関わることですので。

 

追伸2
モンサント社に対しては
2015年5月に48カ国、400都市以上で
世界一斉デモが行われています。

世界中がモンサント社による
遺伝子組換え食品や種の支配に対して
反対運動を起こしているわけです。

にも関わらず、日本のメディアでは
これが報道されていません。

僕はこの現状に心底憤りを覚えます。


参考URL:悲劇。何も知らない日本人-反モンサント・類のない世界一斉デモ
http://shinhakken-blog.seesaa.net/article/421558369.html