人生の大事なことは全て岡田が教えてくれた

どうもTAVノウハウコレクターのソクローです。TAVを愛し岡田尚也をも愛した男その名もです。 岡田さんから学んだこと、活動を書いていきます

連れだしって?

連れ出し=人を動かす原理原則を知る

どうやったら女の子を連れ出せるのか?人を動かせることができるのか?

人は感情で動き後から合理化する生き物である。


連れ出し=信頼性×興味×期待値×理由

興味→この人どんな人なんだろ? ちょっと気になる
期待値→楽しい!ついていったらもっと楽しそう
信頼性→ちゃんとしたお店を指差して女性自身の不安の解消
理由→女性自身の行動の正当化

信頼性(基本)
悪い人ではないか?
明るい性格であること
ナンパが慣れていると感じさせないようにお茶目な部分をだす。
子供っぽい無邪気さをだす。


興味の作り方

男としてカッコいい男か?
ステータスの高さ、清潔感、ファッション(こなれた感)、明るい性格、男としての強さ(すり替え)、スマートさなど


期待値
楽しんでるし、楽しませてくれる
相手に対してノーリスクな会話展開で相手と一緒に盛り上がれることができる。

本当に意味のない会話展開
例えば
「異常に姿勢がいい!剣道やってたしょ?」「ちょっとメーンってやってみて?」

全身白の服→好きな色当てていい?、絶対に黒でしょ? うそー絶対黒だと思ったわ

 

ドロップもロストも共有スペースもオファーもすべて仮想現実の創出
仮想だからこそ相手のプットも大きくなり、女性自身、なんでさっき会ったばかりの人とこんなに話せてるの???
もしかして運命の人??

を演出できる。


信頼性2
怪しい場所に連れてかれるんじゃないか
もしかしてヤバイ人なんじゃないか?
という不安の解消

ちゃんとしたカフェを指すこと

 


理由
女性が軽い女と思われたくないのを配慮してあげる理由

会話で盛り上がった話題を一緒に使うと尚いい

「今喋りすぎて喉かわいたしかるくいこ」
「寒いから仕方ないよね」
「じゃあ俺があそこで東京の歩き方教えてあげるよ」

という

私はナンパに着いていったのではなく
こういった理由があるからこの人とお茶したんですと胸を張って自慢できるような理由を与えてあげる。

その際
オファー×オファーや理由を強くする所謂説得するのではなく

盛り上がったネタを使っての
理由とオファーをして

拒否させられたら

その言動を使ってすり替えて、その会話展開で盛り上がる。

こうすることで会話がよりいっそう楽しくなる、また余裕も感じさせられ興味、期待値が上がる。

そして盛り上がったところで
またオファーを投げるの繰り返しである。

 

極上の美女ゲットだぜ



f:id:yamazi0519:20180129190139j:image

 

ソクロー