人生の大事なことは全て岡田が教えてくれた

どうもTAVノウハウコレクターのソクローです。TAVを愛し岡田尚也をも愛した男その名もです。 岡田さんから学んだこと、活動を書いていきます

堂々さと頭おかしさ=モテる?

久しぶりにえいとさんの認識の変更講座を読み返している。

 

改めてまた繋がったことが多かった。

 

もっとも大きかったのは

キャラクターとステータス

 

 

最近の検証で

オーラを身につけるために

仕事のできる人のように振る舞ってきた。

 

結構これは自分にとって効果抜群だった。

 

つまり、ステータスとは

自分がステータスが高いと思わせるのではなく

 

相手にステータスの高さを感じさせること。

 

この認識が本当に大事なこと。

 

ただ仕事人、プロフェッショナルのように思い込んで振る舞う。

 

これをやることで、堂々と振る舞える。

 

木坂のラジオで

ナンパについて話している回がある。

 

ミッションは

女性化粧品コーナーに行って、女性店員に話しかけること。

 

最初は、その行動に不安が生まれる

心の中「なんで男の俺が女性化粧品コーナーに来てるのだろう?」

「変な人だと思われないか?通報されないか?オカマだと思われてないか?」

 

そう心のなかで考えるだけで

人は意識したものに向かっていくため、

 

本当に変な人という振る舞いをしてしまう。

 

そんなことを繰り返していたときに

女性店員さんが話しかけてきて

話すことも達成してかつ女性化粧品にも詳しくなったらしい。

 

そして最後の方は

もう女性化粧品コーナーに入るのが自然でかつ堂々過ぎて

 

女性店員たちからはどっかのライバル店の偉い人の視察か?それともお偉いさんの調査か?と思うようになり、接客も変わったらしい笑

 

これを聞いて笑ったかつそういう見方もあるんだ!と感動した。

 

化粧品コーナーにいる変な人から

 

お偉いさんになるのだから

 

全然見せ方が変わる。

 

 

ここから仕事のできる人のように振る舞えばステータスが上がるじゃないかと思った。

 

町に出ても常に重要な仕事、ミッション中であると思い込み、集中する、振る舞いに気を付ける、周りをみる、敵からの襲来に気を付ける、まるでSPのように。 

 

これを常に瞑想などして、呟いて、潜在意識に刷り込む

 

 

また1つの仮説として

文明は仕事の発達により、築かれて来たのだから

 

仕事のできる=存在価値が高い、地球に大きく貢献している=高ステータスになるんじゃないかと

 

まだソクローは社会人ではないので

社会人になる、4月から検証していきたいと思う。

 

 

 

笑う=認めれたい行為

→ぶっちゃけ笑わずに笑わせるなんて無理じゃね

→笑う=敗けって無理じゃね

→ワンちゃん退屈なやつ、面白くないやつって思われるんじゃね

と考えていた。

 

でも仕事のできる人のように、ステータスが高い人のように振る舞えば相手は緊張するってこと。

 

 

 

とりあえず

キャラクター設定

・振る舞い

→仕事のできる人、SP、プロフェッショナル

強いアイコンタクト、目を大きく開く

ゆっくり強い声

ゆったりとした動作、姿勢が良い

 

・頭おかしいキャラ

もう意味がわかんないジョークを真剣に言う

大したことないことに悩む

茶化す

予想外な野郎

 

・男としてのエロさ

0→100の定義

 

真剣な顔でエロい話を聞く

美術品をみるように全体をみる