人生の大事なことは全て岡田が教えてくれた

どうもTAVノウハウコレクターのソクローです。TAVを愛し岡田尚也をも愛した男その名もです。 岡田さんから学んだこと、活動を書いていきます

結果を決めるのは人間ではない

こんにちは。

ソクローです。

 

先日の金曜日、会社の新卒、中途、2年目の同期と一緒に仕事終わりダーツバーというもところにいった。

 

2人1チームでダーツで対戦したのだが

これがとても面白く熱中してしまった。

 

最終的に白熱した結果負けてしまって

罰ゲームでプリクラを撮ることに。

 

アラサーの素人童貞中途採用の方と一緒にツーショットのプリクラを撮り、会社携帯に貼った。

 

 

ダーツをしていて思い出したことがある。

 

それはソクローが高校時代にハマった部活の弓道である。  

 

同じ的あてを手で投げるか、弓で届けるかの違い。

指や弓から放たれた矢が的の真ん中に吸い込まれる感じをイメージすると本当に真ん中に当たる。

会社の人も、あまりにも初めてなのに真ん中に当てるのにびっくりしていた。

ただダーツはフォームとかあまり知らなかったためビギナーラックの面もあるが弓道は違っている。

 

 

本当に放たれた矢が的に吸い込まれるように当たる感覚は今でも忘れないし、とても気持ちいい。

 

 

 

そんなことを思い出しときに

1つの大事な考えが思い出した。

 

確か、昔学んでいた甲本次郎さんの

[どうでもいい思考]だったはず。

結果はどうでもいい、結果は人間が決めれない、結果は神様が決めるから考えずに自分がやるべきことをやれ!

 

人事を尽くして天命を待つ。

まさにこの言葉である。

 



 

 

 

ソクローが弓道を始めたとき

最初は「的に当てればいいんだろ!」

的なことばかりを考えて、的に当たった!当たらないですごい一喜一憂をしていた頃があった。

 

的に当たってる調子のいい時期は俺は天才だ!と鼻を高くして

的に全く当たらない時期は俺には才能がないと落ち込んでを繰り返しいた。

 

でもそんな考え方をぶっ壊してくれたのは

ある試合で見ためちゃくちゃキレイな射形と

すべての矢を当てる人物の凄さだった。

 

その日からその人を「神」と名付けた。

「神のような射形の美しさになる」

「そして神を倒す」

 

その2点が目標が定まった。

 

的に当てることではなく、キレイな射形を目指す。

後輩に、ビデオを撮ってもらい何度も見直して研究した。

その時ほど的に当たるかどうかの結果ほどどうでもいいものはなかった。

 

同じ本を繰り返し読み、同じ人の動画や神の動画を撮ってもらい徹底して真似をする。

 

一つ一つの動作を丁寧に丁寧に行う。

 

その一連の流れに

自分は安らぎを感じていた。

 

まさしく巨人の肩に乗る


f:id:yamazi0519:20190602164817j:image

 

 

そして矢を放つ瞬間でさえも

当たるかなー?といった不安ではなく

矢が吸い込まれて行くイメージを忘れず、

矢を的に届ける感じ。

 

もし外れたとしても

また1から動作を丁寧に繰り返すのみ。

 

まさしくその時のソクローはフロー状態に入っていた。

 

また練習中はいろんなところを意識するが

試合には的に吸い込まれるイメージと弓道の神様が舞い降りている別人のイメージを強く想像するため

意識できるところが無意識にできるようになるまで練習する。

 

の繰り返し。

そして最後の試合ではオールで命中させて幕を閉じた。

 

 

 

そんなか今の自分はどうだろうか?

結果ばかりに一喜一憂していないか。

 

営業では数字を達成すること

出会いではクロージングすること

 

ばかりに目を向けてしまいまい、

なんとか達成するも、また目の前に来る数字に対して四苦八苦していないか?

 

頑張っても気持ちが安らかにならないなら

むしろ頑張らないほうがいいかなと思ってないか。

 

ザ・コーチという本に

目的、ゴール、目標、やるべきこと

というツールがある。

 

 

例 マラソン選手

 

目的 マラソンでオリンピックで優勝して子どもたちに走る素晴らしさを伝える。

 

ゴール オリンピックで優勝する、

 

目標 地区予選で優勝する

 

やるべきこと

毎日20キロ走る。 体重5キロ落とす。

 

 

僕たちは

目的のために、なりたい理想のために生きているのである。

 

結果ばかりを気にすることは

オリンピックで優勝することばかりを考えてしまうこと。

 

そうなれば

チートもしてどんな手を使ってでも優勝しようと思うだろう。

 

しかしそれは子どもたちに走る素晴らしを伝えるものであるか?

 

優勝するかどうかは神が決める。

常に優勝する道を計画してやるべきことを捻出する。

 

そしてあとは

子どもたちに走る素晴らしさ美しさを伝えるため

気持ちのいい、心動かされるような走り方、または自分が心を動かされたランナーの走り方を追求すればよい。

 

そうなればやるべきことをやっているときは

とても安らぎを感じながら

一歩一歩ゴールに近づいていくと思う。

 

 

ダーツバーで一人でふと思い出した

大事な考えだったと思う。

 

常に理想の人を探して

その人の肩に乗る。

 

結果ではなく、その過程、原理原則を信じて行うことに安らぎを感じれる&ゴールに近づく。

 

 

 

しっかり初心に戻って頑張りたい。

 

 

極上の美女ゲットだぜ


f:id:yamazi0519:20190602164708j:image

 

ありがとうございました。

 

ソクロー

 

敏感すぎて辛い理由の正体

ソクローです。

今日は本の紹介です。 

私の中で、少し生きる方向性が定まった本です。

 

「敏感」にもほどがある。
f:id:yamazi0519:20190528225426j:image

 

僕がこの本を初めて読んだとき

心を救われたというか、あるある!といった笑い、というのも辛いだけなのは自分だけじゃないんだと言う仲間意識が芽生えました。

 

「HSP 超敏感体質」

アローン博士が見つけたものだそうです。

(博士ありがとう!)

 

引用

HSPは病気や弱みでもなんでもなく、生まれ持った心の特徴(=気質とも言われます)。


D 深く処理する

O 過剰に刺激を受けやすい

E 全体的に感情の反応が強く、特に共感力が高い

S ささいな刺激を察知する

 

HSP項目
・物事を深く考えて、思慮深さがある。

 

・一日中考えていても決して飽きないくらい、想像力豊か。

 

・場や人の空気を深く読み取る。

 

・何かをはじめるときに必要以上にあれこれ考えて時間がかかる。

 

・生き方や哲学に興味・関心がある。

 

・相手の本質を見破ってしまう。

 

・人とずっと一緒にいると疲れてしまうため、一人の時間が必要。

 

・監視されているような場所では、ミスを連発する。

 

・例えば、パーティなど大人数が集まる場所では気の使いすぎで、その場では大丈夫であったとしても、帰宅後一気に疲れが出る。

 

・大勢よりも少人数 or 一対一。

 

・相手の反応に傷ついて、しばらく忘れることができない。

 

・人混みが苦手

 

・短期間にたくさんのことしなければならない時、混乱する。

 

・競争させられると、緊張する。

 

・他人の気分や感情、表情・態度に、とても影響を受けやすい。

 

・何かうまくいかなかったときは一人で背負いこみやすく、そこから自己肯定感の低さにつながることが多い。

 

・美術や映画、音楽など、芸術作品に深く感動する。

 

・人が怒られていると自分のことのように感じる。

 

・相手の心情に寄り添える。

 

ほんの些細なことで、大きく動揺する。

 

・相手を否定したり責めたりするより、自分のことを否定したり責める。

 

・五感が鋭く、感受性豊か

 

・空想に耽りやすい

 

・ひらめきが多い。

 

・イメージで物事を捉えている。

 

・直観力に優れている。

 

・臭いに敏感で気分が悪くなる。

 

・チクチクする素材が受け付けられない。

騒音が苦手。

 

・他人の会話を無意識に聞いてしまう

 

・スピリチュアルてきなものに感心がある。

 

・芸術や音楽などのクリエイティブなことがすき。

 

・ちょっとしたことでもすごく驚く

 

・人の小さな変化に気づく

 

などHSPの特徴はたくさんあります。

そしてソクローはほぼ全部当てはまりました。

 

僕が共感したページの一部を紹介していきたいと思います。

 

①人の感情に流されやすい

f:id:yamazi0519:20190528231110j:image

→歩いててめっちゃくちゃよく声かけられます笑 おばあちゃんから外国人、営業レディーまで、全部話聞いちゃいます。

 

 

 

②電化製品がよく壊れる

f:id:yamazi0519:20190528231335j:image

→これまじあるあるです笑

何回充電器を買ったか、あとイヤホン

 

 

 

③感動しやすい
f:id:yamazi0519:20190528231501j:imagef:id:yamazi0519:20190528231516j:image

→笑 これ眼科の待合室で、持参した小説のクライマックスで泣いてしまい、眼科の先生に目痛いんですか?って聞かれたことがあります。

 

 

 

④怒られているのを見ると胸が痛む
f:id:yamazi0519:20190528231730j:imagef:id:yamazi0519:20190528231743j:image

→これは高校のときからありましたね。

怒られてるの見て泣きそうになる自分がいる。

 

 

 

⑤気分がいいと世界が平和であれば良いのにと本気で思う。


f:id:yamazi0519:20190528231854j:imagef:id:yamazi0519:20190528231908j:image

→これはまじで思います。

世界から対立をなくしたい。

 

 

 

⑥馴染めない

f:id:yamazi0519:20190528232013j:imagef:id:yamazi0519:20190528232027j:image

 

→馴染めない! これはバイトとかでもそう。 最初はいいんだけど長く付き合うなんて本当に心が苦しくなる。

 

バイトも続けられたのはオープニングスタッフのみという。

自分の1から作った環境は人を受け入れるのが早いのに、他人が作った環境はずっと俺なんかいてもいいのかと思ってしまう。

 

 

 

 

⑦マインドも一瞬にして崩れる
f:id:yamazi0519:20190528232250j:imagef:id:yamazi0519:20190528232300j:image

 

→これは実体験でそのままあったため笑いましたね。

今日は明るく元気に振る舞おう!

と思っても巨大組織に入った瞬間、あっ無理だって。

 

 

 

 

まだまだ紹介したいのが沢山あるのですが、

この一部だけ見て、わかるー!っていう方はぜひ読んでみてください。

 

そして、よかったら連絡ください。

最近やっとこの人もHSPだ!っていう感覚が分かるようになってきました。

 

そして

僕のビジョンの中に、HSPの仲間を作って一緒に働けたらいいなという願望ができました。

社員全員HSPだったらそりゃーもうノーストレスだろーなと。

 

 

それでソクローは

HSPセミナーに参加しようと思います。

そこで一緒に今まで病気だと思って人に言えなかったことを言えるようなHSP仲間を見つけて、共にこの世界の生き方を考えていけたらなと。

 

ありがとうございました。

ソクロー

 

 

変えない勇気と少しずつ変わる勇気

おひさしぶりです。

最近出撃しだしたソクローです。

 

http://sokurotav.hatenadiary.jp

 

↑こっちのブログで毎日の活動と気づきをちょいちょい上げてるのでよかったらどうぞ。

また合流も募集中です。

一緒に声かけて、お互いに学びを共有しましょう。

 

 

そんでここ最近

大きな気づきがあったのでシェアいたします。

 

・声をかけていて最初は楽しいけど、だんだん疲れて楽しくなくなる。

 

・相手の反応が良いと楽しいが、悪いとすぐ帰りたくなるといった一喜一憂してしまう。

 

・声をかけたい、かけなければ成長しないとわかっているのに心のブレーキがある。動けない

 

・楽しむことと結果が出ることを切り離して考えてしまう。

上手くやろう、やるんだったら効率的にやろうと思って空回りor硬くなってしまう。

 

そんな方に少しでも力になれたら幸いです。

 

 

 

 

昔ソクローは、puaスイッチに憧れていました。

いわゆるそのスイッチを押せば別人のように変わるモノです。

 

 

それは小中校時代の剣道をやっていた時期、普段は大人しいのに面をかぶった瞬間人が変わって強くなるのに憧れてました。 

 

まぁわかりやすく言えば

こち亀のホンダさんですかね。バイクを乗ると凶暴になるてきな。


f:id:yamazi0519:20190508215216j:image

f:id:yamazi0519:20190508215228j:image

 

 

いつもは非モテなのに、声掛けに行く瞬間魅力的になるスイッチを求めていました。

 

岡田さんで言う声掛け前の咳払い。

ごほっ! ごほっ!

ごほっ! 

ソクローはそれをやりすぎて風邪ひいてる人に間違えるほど、、、、

 

 

 

でも最近、街に出撃して思ったことと

マッチさんと一緒に参加してるセミナーに出て学んだことが一致しました。

 

 

 

もう頑張るのはやめようと。

 

 

かの有名なMr.X(仙人さん)は

このように述べています。

「自分の24時間の生活を女が監視したときに濡れるような生活をするのがモテる男だ」と。

 

 

また僕の現在の師匠に当たる人もこのように言っています。 

「一貫性を持つ。魅力的な人は一貫性を持っている。言い換えれば誠実な人。

師匠の前でやっているようにアピールして、家では何もしないやつは魅力的ではない」

 

そしてソクローも思いました。

年収1000万で、お金持ち!

いいなーと思ったけど、そのお金は全部親のスネをかじったお金だった。

 

がっかりしますよね。

 

 

それを僕はアプローチでやっていたことに気づきました。

 

本当は大人しいの性格なのに

声をかける瞬間に、明るく振る舞って相手を楽しませようとする。

 

これは最初のうちはいいですが、やっていくうちにどんどん疲れてきます。

 

 

また

無理に明るく振る舞おうとすることで

それに対して摩擦が生まれ、声をかけたいけどかけれない状況を生み出すのです。

 

 

 

これに気づいたのは

コンビの相方の知り合いがコリドーで声をかけてきたときでした。

その方は一人で声をかけていたらしいので

僕は外から見てるんでコンビ声掛けして来てくださいと依頼しました。

 

 

 

そしたら面白いことに

その人の声掛けって、僕に初めて話しかけてきたときのトーンとキャラのまま女の子に声をかけてるんですね。

 

もうびっくりしました。

これはすごいと。

 

 

反面に僕は頑張ってキャラを変えて声を掛けてるな〜と、実感しました。

 

 

岡田さんの言うどんな相手にも対等に接するっていう、教えは男にも女にも平等なんだなーと改めて認識しました。 

 

 

教訓

「どんなに可愛くてタイプな女性がやってきてもトーンやテンションを変えずに普段通りの自分で接することがうまく行く秘訣」

 

 

 

あとコリドーに行ってみるのがおすすめです。

僕はpuaスイッチを押そう押そうと頑張ってましたが、ナンパになれていない男たちは非モテスイッチの連打です。

 

腰の低い声かけや、ニヤニヤしていたり、

奢るからといった金持ちアピールしたり

一人の女性に3人で声をかけたり


f:id:yamazi0519:20190508223720j:image

 

すごく反面教師として学びになります。

 

 

はい。上記が変わらない勇気でした。

 

 

 

次は少しずつ変える勇気です。

上で、普段の自分で接することが成功の秘訣と述べました。

 

それがわかったら次はどういった行動をするか?

 

問題です。

 

少し考えてみてください

 

......…........

 

 

 

 

....….........…

 

 

 

 

 

 

....................

 

 

 

わかりましたか?

 

 

答えは

「少しずつ自分を変えていくことです。」

 

大きく変える=普段自分ではない、頑張ってる自分=上手く行かない

 

となります。

 

 

大事なワードは

「よく見せよう!ではなく良くなろう」です。

これも師匠の言葉ですね。

  

 

岡田さんの言葉を借りると

「自然体のレベルをあげよう」になります。

 

自然体って本当に最強です。

自然体の反対って不自然なんですよ。

不自然で物事はうまく行きますか?

 

 

 

岡田さんは昔

「郵便ポストにハガキを入れるような自然さで声をかけろ」と言ってました。


f:id:yamazi0519:20190508222037j:image

 

ポストにハガキを入れる不自然な行動ってどんなでしょうか?

・逆立ちして入れる

・キョロキョロして入れる

・中を見ようとする

・「入れ!入れ!」と叫んで入れる

など

  

 

自然体のレベルを少しずつ上げるのは本当に簡単なことです。

・今日は普段より笑顔を心がけよう

・姿勢を伸ばそう

・声のトーンを上げてみよう

 

 

 

そして

プレゼンの大事なときに

うまく話そうよりも、普段通りに相手に大事なことを伝えよう

となり、自然とベクトルが相手に向きます。

 

「本番で信じるものは過去の自分の集大成を。

そして今の自分は、その時の未来の自分のために」ソクロー


f:id:yamazi0519:20190508223010j:image

 

 

 

まとめると

・自然体がうまく行く。

・自然体のレベルを少しずつ上げていこう

 

 

いつの間にかベットでピロトークしてたってくらい自然にクロージングしてみたいものですね。

 

では極上の美女ゲットだぜ!


f:id:yamazi0519:20190508223241j:image

 

 

ソクローの極上の美女を見たかったらこのブログにアクセス!

http://sokurotav.hatenadiary.jp

 

活動の記録

気づき

極上の美女

学べる漫画

を随時更新してます!

 

ではでは

ソクロー

 

 

 

人はなぜ興奮するのか?(ネトナン10GETの話)


10月の初月、
ソクローはナンパを一時休止した。

 

 

それは
いとさんに、「即効ナンパを辞めてでも商品知識、市場状況を覚え、売上を獲得するべきです。」と言われたからだ。

 

 

そしてナンパを一時休止した。

 

でも
かわいい子のいる職場で働きたいため大企業に入ったのに、職場にはおばさんとおじさんしかいない。


可愛い子はすべて販売店にまわされている状況であった。

 

そんなかナンパを止めることは
可愛い子と接触がなくなることは
ソクローにとって死を意味していた、

 

 

なぜなら
ソクローは昔からモテたいから高校ときに文系を選択肢

モテたいから大学のときTAVを購入してナンパをしだした。

そして可愛い人と働きたいから大企業に入社した。

 

 

全てはモテたいから、可愛い子と遊びたいからが動機である。


f:id:yamazi0519:20190112164214j:image

 

 


ナンパを辞めて、セールスにシングルタスクで取り組む決意を攻められたなか、

 

銀さんと出撃したあとに飯を食っている中


銀さんが突然
「ちょっと、ソクロー見ろこれ!!!!!!直ホ決定した!!!!!!!!!

すげぇだろ?えっへん」

と話しかけて来た

 

 

その目は本当にキラキラしていて
少年が初めて森でカブトムシを捕まえて
見せつけてくるような感じで
スマホの画面を見せてきた。


f:id:yamazi0519:20190112161811j:image

なにやら今から出会ってやるらしい。

 

半信半疑であったソクローは
実際に見せてもらう許可を得て

銀さんの待ち合わせの目の前で立って待っていた。 

 


すると実際に
女の子が現れて、そのまま二人でホテルへと消えていったのである。

 


f:id:yamazi0519:20190112163756j:image

 

後ろを振り向いてニヤリとした銀さんがいたような現実を直面した。

 

自分の神話が一つずつぶち壊れていくような感覚だった。

 

 

そして後日銀さんに参考になるノートを教えてもらった。


だが、量がたくさんあるゆえ、誰を信じたらいいか分からない。

 

そんなとき一人のTAVパイセンが
ネトナンの教材を作っていることを思い出した。

 

 


「よし、もうめんどくさいから、パイセンの乗り物(運転)を信じて運転しよう!」


即決
うん十万という大金を振込教材を手にした。

 


「打診が早すぎる、もっと相手の気持をアップさせろ」のアドバイスをいただきながら試行錯誤をしながら始まった。

 


結果が出たのは早かった。

購入して4日目。

彼女と旅行に行っているときの最中にマッチ。
そのまま仕上げて、
デートの合間を抜け出して、直ホして身体で合致した。笑


f:id:yamazi0519:20190112162105j:image

 

 

ふつーにできてすげぇーーできたと感じた。

 


そこから2ヶ月、
親指をつりそうになりながら携帯に向き合って
10人くらい、直家を決めてクロージングした。

 

(1人巨漢が来て、ヤラなかったのはここだけの内緒。でもデブは咥えるのが上手なのは大きな発見だった)←前向き笑

 

イメージ↓ベット3分の2占領子
f:id:yamazi0519:20190112163127j:image

 

 

性欲の塊子
f:id:yamazi0519:20190112162707j:image

 

終電逃し子
f:id:yamazi0519:20190112162717j:image

 

大手テレビ局AD子
f:id:yamazi0519:20190112162723j:image

 

自家発電処女子
f:id:yamazi0519:20190112162856j:image

 

?子

f:id:yamazi0519:20190112162944j:image

 

 

そんなか現れた課題が
「せふれができないこと」

お代わり打診がされるのはソクローにとって興味がない子、ただただ性欲がエグい子しかいなかった。

 


パイセンにこのことを相談すると
「ピロトークで深フックをしてる?」

 


あっしてなかった。
ただただ反省。

 

 

そしてもう一つ
自分の中で疑問が応じた。


「あれ?せっくすって一体何なんだろう?」
これが表題につながるスタートである。

 


ここからは鬱になりかけの経験を交えながら話していきたい。

ただこの話はテーマが深いので後日、深く話したい。

 

 

自分の思っている理想像が高すぎること、人と比べることで、のギャップが大きいほど人は鬱になる。

 

自分の出来なさを痛感するからだ。

そして人は刺激に逃げる。
アルコール、風俗、おなぬー、いいねのためのツイート

 

現実から目を背けたいから、一時的に気持ちいい方向に逃げたい。

でもそれは一時的な麻酔。

麻酔から目が覚めたとき、人はもっと痛い現実を目にする。

 

 

ここであげられるのは
風俗やおなぬー後の賢者モード


現実から目をそらしたい

おなぬーしたい

賢者になってもっと痛い現実、時間の浪費を目にする。 だろうって考える

おなぬーしないと決意

痛い現実とおなぬーを我慢することにもっと辛くなる
↓ のループ
鬱になる。

直ホもそうである。
行為が終われば賢者になる。
ツイートすることでいいねをもらった後日はまた弱い自分になる。

 


そんなか
僕は性欲さんとの付き合い方、せっくすのゴールについて考えるようになった。

 

 

読んでいてためになった本で
「生きる哲学としてのせっくす」がある。


f:id:yamazi0519:20190112163338j:image

 

そこにはこういった内容が書かれている。

女性がせっくすで本当のオーガ二ズムをー感じたとき、感動して泣くのである。


なぜなら、心からの全てを開放したから、愛情、つながりを感じたから。
そして行為後女性は綺麗になる。
それは心が洗われたから。

 

 

ただ現代の人ののせっくすは
「人の身体を使ったおなぬーをしている。」
それはavの影響でいかに刺激を追求するかに力を入れるようになったからである。

 


と。

 

 

「人の身体を使ったおなぬー」というパワーワードに心がヤられ本を閉じた。

 

つづく。

 

極上の美女GETだぜ


f:id:yamazi0519:20190112163446j:image

 

ソクロー

 

 

 

コミュ障からの脱出その2自然体になろう

ソクローです。

 

最近高石さんの本「あなたはなぜつながれないのかラポールと身体知」を久しぶりに読み返した。 


f:id:yamazi0519:20180923112649j:image

 

それは

営業でもナンパでもなぜか人と会話しているのに会話していない感に襲われたからだ。

分かりやすくいうとうわべっ面の会話。

 

 

なぜか噛み合わない。

噛み合わせようとすればするほど不自然になり非常に話すことが疲れてくる。

 

 

この悩みを解決するために

もう一度読み返してみた結果、また新しい発見が生まれた。

 

 

そのなかでも毎回メモしているフレーズをまた見直してメモした。

 

 

 

メモ~~~~~~~~~~~~~

「思い浮かんだことをいかに自由に丁寧に伝えられていくか、また相手のそれをどれだけ受け止めるか、それを楽しむのが会話である。」

 

 

人は丁寧に会話しているようでしていない

常に脳が楽しようとして一定のパターンで相槌を打っている。

「あーー」「なるほど」「わかる」

これらの相槌を多用する人は本当は全然分かっていない。

 

まず相手の言葉を受け止めるためにも

相手の言葉を咀嚼してみることから始める。

 

人は上手くはなそうとか失敗しないようにやろうとして自分にベクトルを向きすぎた結果

相手が見えなくなる

 

 

相手はこういう人間だろうと決めつけて

人は変わり続けているのに現実を固定して本当の(変わったあとの)相手を見ようとしない。

~~~~~~~~~

 

 

ここからは私の見解だが

 

結果会話に摩擦が生まれ、それが大きくなり会話すること自体が疲れてくる。

でも人と会話しなければしないほど、会話に参加しなければしないほど孤独感を感じてしまう。

 

 

そしてある人は

相手を見ることを捨て、自分の話したいこと、自慢や不幸自慢をマシンガンのように話す。

 

それはマシンガンのように一方的に話す結果聞き手別に私じゃなくていいんじゃないか、

もしその人が人間関係構築にたけているのならマシンガン野郎から避けていくし

たけていないなら孤独感を味わないように無理して付き合うようになる。

 

 

そしてある人は

ツイッターなどのSNS2ちゃんねるなどの匿名掲示板に思いをぶつける。

 

 

一時的なストレス発散になるが

結局はなにか満たされない

 

SNSが流行りだしているのも

そういった満たされない社会のなかで、

そして誰かが見ている投稿するといったプレッシャーのなか自分のしたいことが本当に思い切りできないようなシステムのなかにいきている。

 

 

 

 

高石さんの

まず自分を感じる手法に

スワイショーという

両足で立って、両手を前後に振る作業がある。

 

これは

一定のリズム感で、自分の体のどこに力が入っているかを観察して

その力「緊張」を取り除いていく動作である。

 

これをやってみるとわかるのだが

自分に集中することができる。

=リラックスできるのだ。

 

そして次回恐怖の正体と倒しかたという記事でも書こうとおもうが

 

人と話すときは

自分がされて嬉しいと感じたことをやってあげることである。

そのためにも自分の状態を観察して

常に起こった出来事に対してどう感じたか?を観察しなければならない。

 

 

嬉しいと感じたことはやる

嫌だなーと感じたことはやらない

 

そうしたら取捨選択ができるようになると人間として磨かれるのである。

 

また

レベルが上がれば

次は自分として自分を見ない

みんなと同じ人間として自分を見てあげる

 

分かりやすくいうと

自分はこうだけど相手はこうだ

ではなく

人間としてこうだという俯瞰した視点である。

 

女も男も外人も子供もお年寄りも

みんな同じ人間として関わること。

 

そのためにも

次にやるステップは

人間を学ぶこと。

 

人間を学ぶためにも

体の仕組みや歴史の出来事から事実だけを抜き取りロジカルに組み立てる。

 

人間を知り、人間として大きな観点から人を見ていけば、他人という概念がなくなると思う。

 

また

自分を観察することで

大きな発見に繋がることがある。

 

私はある程度、自分の学びをこのブログに徒然なるままに述べてきた。

 

でも

甲本さんのシークレットルール3のコネクションの法則で

お金持ちはお金持ち同士にしか情報を提供しないという事実がある。

 

その意味がやっとわかった気がした。

だれにも言えない、という秘密が誰かしら持っていると思う。

 

そいう秘密を誰かに教えるとき

どういう人に教えるか?一旦考えてほしい。

 

考えて出た結論が今から取る行動になるのである。

 

「自分がされて嬉しいことを相手にしてあげなさい」

一度は聞いたことがあるような言葉だが

これがコミュ障から脱出する言葉。

 

そのためにも

まず自分を感じること、観察することに集中すること。

 

スワイショウをすることからおすすめする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半分だけ夢が叶いました。

ご無沙汰ぶりです

ソクローです。

 

久々のブログ更新!!!!

 

今日はソクローの大学時代のストを始めてからずっと掲げていた目標

 

 

「アイドルをゲットする」


f:id:yamazi0519:20180912120805j:image

 

 

 

半分だけ叶いました。

半分だけ笑

 

 

というのも昨日地下アイドルとやらとゴールインしてきました。(準即)

 

 

出会ったのは

先月のTAV飲み会という会合のあと

くまモンくんと一緒にちょっとやろうということで一声掛け目にゲームセンターに連れ出した子でした。

 

ドロップアイテムのオレンジに

興味を示し、彼氏を待つまでゲーセンで待ってるとのことで

 

一緒に鉄拳をすることに


f:id:yamazi0519:20180912121029j:image

 

もちろん瞬殺でヤられました。

その後のエアホッケーも負け

 

ただゲームを楽しんで終わる

喋ってなーい

 

まぁ自分は酔っていて楽しければいいかーとか言う感じでした。

 

まぁ喋ってないから

ラインもあんまり食いつきがなく

1ヶ月放置して昨日

「鉄拳しようぜ」とライトラインを送り

ちょっと盛り上げてから当日アポといった感じです。

 

 

当日はゲーセンに10時に待ち合わせ

 

鉄拳スタート

ギリギリ負ける

 

そんで人間関係というカフェに行こうぜと提案。

 

でもすごく人目を気にする彼女

ソクロー「どうしたん?」ときくと

 

 

地ア「私ここらへんでボーカルしてるから目立つとだめなの」

 

深く聞いてみると

「地下アイドル」ということ

 

え!!!???

まじで地下アイドルっているんや内心びっくり

 

とりあえず顔を隠すためにマスクを買いにファミマへ

 

「マスクあったよー」っていって

純粋な顔でこれを持っていくとウケます


f:id:yamazi0519:20180912122110j:image

 

カフェ

 

冒頭に彼氏と上手くいっていないとのセリフがちらっと聞こえたので

 

少し投げ込んでみる。

 

色々あるけど話すとどんどんネガティブになるからと拒否される。

 

常にゴールを

広く、深く、相手から反応を引き出すことを設定してそれに向かって進んでいくのみ。

 

 

ユーモラスと真剣さを繰り返して徐々に相手を混乱していくイメージ。

 

相手に核心をつく質問ではなく

すごい遠回りの質問からして、その答えが徐々に核心に迫っている感じ。

 

相手「私は寂しがりやなんです」

 

NG「なんで寂しがり屋になったん?なんかあったん?」

→相手に考えさせる&弱点をさらけ出すブレーキ

 

良い「兄弟っている?」

「下にいます」

 

この答えから

お姉ちゃん=寂しがり屋

の方程式を自分の中で組み立てる 

そしてその答えという仮設の確認のために質問をする。

 

ソク「お姉ちゃんなんやな

じゃあ常にしっかりしないといけない立場だ!」

 

「そうなんですよ、だから甘えさせてくれる彼氏が現われた瞬間、依存しちゃって」

 

これが答え

 

この答えを聞くためには

ダイレクトに聞くよりも、しっかり自分のなかで答えを出して確認のため聞くこと。

 

 

これは仕事でも使われる

クローズクエスチョン

聞きたいことをしっかり明確にする=自分の考えを確認する  質問法

 

彼女はどういうひとなんだろう?

どうしてこの彼氏と付き合っているんだろう

ほしい宝はなんなんだろう?

何を交換したがってんだろう?

 

つねに考えながら会話をする

他人ことは完璧に分かるなど絶対にないが、近い仮説を相手に与えることができる。

 

そういうことで

相手はわかってくれる人か現れたことにもっと心を開くし

自分のわからなかったこと、正確に気付けることもある。

 

 

相手の深い話が出てくれる&ユーモラスな会話にもしっかり乗ってくれることから

 

これは焦燥感切ったら行けるなと思ったところ

 

店員さんから

「もうすぐ閉店のお時間になりまーす」コール

 

焦燥感切れずに

店を出て、ハンドテスト

 

グリップは感じられなかったけど

アイスルーティンで

 

坂登っていい?

あそこでリアル鉄拳しよーぜ

何、エロいことかんがえてんの?

おれ童貞だからまじで殴られることしかしないよ

 

 

ゴールイン

アイドルゲット!地下アイドルだけど

 

 

今回の学びとして

高石さんの身体知が一番役に立った。

相手に同調する感覚

 

 

 

極上の美女ゲットだぜ


f:id:yamazi0519:20180912133304j:image 

 

 

ソクロー。

 

 

 

 

なぜ楽しく日々を過ごさないといけないのか?


こんにちは。ソクローです。

 

最近ソクローはTwitterをログオフしました。

 

理由は

Twitterには「構ってちゃん」「見下しちゃん」「孤独ちゃん」の集まりでエネルギーが知らず知らず取られていることを知ったことと、

 

誰かがツイートするという記憶が

知らず知らずのうちに他人と関わっていなくても他人を意識してしまって疲れてしまうことを知ったことです。

 

 

やめた結果、 

 

時間がとてもとても空きました笑

 

 

まぁいいことなんですが。

 その時間をつかって今は本とかカフェで読んでますね。

 

はい。

 

 

そして

 

今回はなぜ人生を楽しく生きなきゃいけないのかというこことが綺麗に繋がったのでシェアしたいと思います。

 

 なぜ楽しく生きなきゃいけないのか?


f:id:yamazi0519:20180712101400j:image

 

 

自分の人生の質を高めるためには

自分のしたいことができるようになることが大きく占めます。

 

そのしたいことをできるようにするためにも

人間関係が必須の条件になります。

 

 

それは他人からモテればモテるほど

その他人を好きなようにコントロールすることができるからです。

 

会話においてモテるとは

相手を嬉しくさせる、楽しくさせるを楽しむことです。

 

 

相手が楽しい、うれしい=自分の内面について興味をもって、聞かれること、気持ち良く語らること、
NHKのドキュメンタリー風に =カッコいい、必要な人間と思わせることが相手の承認欲求を強く刺激し、結果として相手をコントロールできるようになります。


但し、ドキュメンタリーしすぎると尋問になるためそこはユーモアで中和させる必要があります。
簡潔にいうと楽しく相手から引き出すこと。

 

 

モテる会話のルールとして

→話を引っ張る、リードするのは自分、楽しむのが相手である。

ことです。

 


その、話を引っ張る、リードするためにもまず最初のユニークな自分話が必要になってきます。

ユニークな自分話をすることで相手に生まれるメリットとして

 

→「この人こういう人なんだ」と一瞬の安心感が生まれること。

 

→ユニーク話からの笑いでのリラックス感

 

→私も最近あった面白い話をしたいという感情が生まれること、また相手にも話を考えるという余裕が生まれること

 

などがあります。

 

イメージとして楽しい空間に相手を巻き込んでいく感覚ですね。

 

よって相手が語りやすい状況ができたときに

モテ会話の始まりです。

 

流れとして

 

① 相手に興味をもつ なんでこれしてるの?どういう人なんだろ、どういう生き方してきたんだろ、将来どうなりたいだろう、どういう性格なんだろう と疑問をもつ

 

②相手の関心あることに興味をもつ
「相手が野球が好きなら野球に興味を持つ。」

 

③会話を引っ張る、リードする
=司会進行

 

④いろんな角度からの質問、相槌、ユーモア、ボケを駆使して相手から引き出すことにフォーカスを置く

 

⑤相手が話したいことはなにか?

相談か悩みか愚痴か仕事か恋愛か

を仮説立てしながら進めていく

 

⑥盛り上がったところで消える

↑そうすることでもっと話したかったという。ドラマでいう続きが気になる心理になり、また会いたいという感情になります。

 

よってその感情になることで

相手に恩返ししたいとなり、いうことを聞いてくれるという仕組みです。

 

 

では振り返ります。

ここで1番重要なことはなにか?と聞かれた場合、

それはスタートの自分話をして相手を楽しい空間に導いてあげることです。

 

 

その楽しい自分話をするためにも

前提として楽しく生きることが最も重要になってきます。

 

岡田さんの自分話の特集教材「ショートショート」を聞いてみてもそれがすごくわかります。

 

起きた失敗をポジティブに捉える、笑い話にすること

楽しく明るく生きていること

いつも何かしらに楽しさを見つけようとしていること。

 

まとめると

自分が楽しい自分話をするために、日々楽しくいきること。

 

相手が楽しむことを楽しむこと。

 

 

この2つが本当に生きる上で重要なんだなーと思いました。

 

 

なぜ楽しく生きなきゃいけないのか?

のシェアは以上になります。

 

 

では極上美女ゲットだぜ!


f:id:yamazi0519:20180712101245j:image

 

 

ソクロー

 

 

おまけ


f:id:yamazi0519:20180712101600j:image


f:id:yamazi0519:20180712101605j:image


f:id:yamazi0519:20180712101622j:image