人生の大事なことは全て岡田が教えてくれた

どうもTAVノウハウコレクターのソクローです。TAVを愛し岡田尚也をも愛した男その名もです。 岡田さんから学んだこと、活動を書いていきます

コミ症の治しかた

お久しぶりですソクローです。

勤務先が東京になり1週間が経ちました。
ナンパはもう1ヶ月くらいしてませんね。

 

 

でもその代わり4月の研修で触れあった同期と本当にいい時間が過ごせました。

別れの瞬間はみんな大号泣(笑)
久しぶりに青春しました。

 


同期は離れていようと本当に大事な存在なので大切にした方がいいですね。

 


で、今回のこのブログでは
この1ヶ月いろんな人を見てきたり、話したりして学んだことをまとめていきたいと思います。

 

 


題して
「コミ症の治しかた&人は見た目が9割の話」

 

 


人に話しかけて仲良くなることを
TAVではアプローチといいます。


tavでは相手に一瞬で言い合える関係を構築しろと述べています。

 

これは知人に話しかけることにも十分通用します。

 

 

重要なアイテムは

・下手からのすり替え&受け身会話

・ユーモアな発想力

・高いステータス


言い合える関係についてはまだ検証中なんですが

 

相手が笑った瞬間に一気に踏み込んで、相手が踏み込んできたらちゃんと受け身をとってあげる

 

笑いを起こすためにも
高いステータスからのユーモアが前提になってきます。

 


「笑わせることがそもそもできねーんだよ」「高いステータスってなんだよ」と言われそうですね。

 

 

メラビアンの法則と言うものがあります。

 


見た目54%
耳、声トーン39%
話の内容7%

 

といった割合です。

 

 


相手に言葉が伝わる流れとしても

見た目の壁を乗り越え
声トーンの壁を乗り越え
やっと相手に言葉が伝わるという感じです。

 


ここから大事なことを伝えていきます。

 

1番大事な見た目とはイケメンとかではありません。

 

見た目で1番相手に伝えてほしいことは自信です。

自信があることで相手からの興味になります。

 

女性に対しては性的な魅力ですね。

 

 

究極に言えばそれは

 


注意喚起です。

 

 

危険が迫れば迫るほど人は耳を傾けます。なぜならそれが人の本能だからです。

 

そして人はいつの時代も頼りになるリーダーを求めています。

 

 

リーダーを目指してください。

 

といっても難しいものです。

 

 


でも簡単な方法があります。

 

それは
堂々とした振る舞いとファッションの二つを極めることです。

 

 

堂々とした振る舞い
→炭田を意識して、姿勢を良く、ゆっくりと振る舞うこと。しっかり相手を見ること、ゆっくりと話すこと。


スーツのハービィがとても勉強になる。


f:id:yamazi0519:20180518220141j:image

 

 

ファッション
→僕は人から学ぶことを選びました。

 

 

自分がオシャレだと信用できる人にコンサルされることで振る舞いにも自信になってきます。

 

 

結局人は
ファッションと言うものがあるから、振る舞いにも自信が出てきます。

 

警察官の制服を着たら堂々と振る舞えるような。

ファッションとは戦闘服でもあり、そして生き方でもあるんです。

 

そう考えるだけでファッションとは本当に重要なものになります。


ファッションと振る舞いを鍛えることでその人の自信と魅力になり、そして相手からの興味になります。

 

「ちょっと話を聞いてみてもいいかな?」
になるのです。

 

 

見た目の壁を突破したら次は耳、声トーンの壁です。


僕はこの1ヶ月やらかしたなーと思ったことがあります。

それは低い声を意識しすぎて
声トーンがずっと一定になっていたことと声がボソボソしてしまったことです。

 

 

声トーンで大事なのは抑揚ですね。

抑揚
スピード
大きさです

 

 

岡田さんのOCKや実録を声トーンに注目してみると面白いです。

 

 

そしてその声トーンで実際に話してみるともっと面白いです。

 

 

そこには、愛があると気づくはずです。

明るく、楽しそうな話し方をすることは相手のためであること。

 

それは小さな子供に話しかけることにとても似ています。

 

 

そしてそれは
岡田さんの女性と話すときのマインドの妹や娘と話す感じといっていたことに繋がります。

 

見た目、声トーンでやっと伝わる話の内容についてなんですが

 

これはもう、自分の好きなこと、楽しいこと、きょうみのあることについて話せばいいです。


振る舞いとファッションで高いステータス

声トーンで人懐っこい感がでるだけで

 

相手はもう同調するしかありません。

そしてそこに相手に楽しんでもらえるような配慮があれば完璧でです。


それは一緒に楽しい時間をつくるラジオ番組みたいな。

 

とりあえずコミ症を治すためには

 

ファッションコンサルを受けて感性を磨き

スーツのハービィを真似して

岡田さんの声トーンを徹底的に真似をする

特に相槌、質問のしかた、笑いかた、話し方

 

のスリーステップですね。

 

 

以上

極上の美女ゲットだぜでした。


f:id:yamazi0519:20180518220640j:image

 

ソクロー

 

 

 

人気者キャラになりたい

愛するということは、おたがいに顔を見あうことではなくて、いっしょに同じ方向を見ること

 

byサン=テグジュペリ

 

 

組織において大事なのは

ブランディング。存在価値を高める。

尊敬される人物になることである。

 

 

最近肌で実感したことがある。

それは笑いって同調なんだなと。

 

この人のようになりたい、好かれたいから俺は笑っているんだなーと。

 

そしてもう1つの笑いが予想外であること。

ギャップが激しくて笑っちゃうってこと。

 

組織において

人気者キャラになる仮説を立てていきたい。

 

 

まず

人気者キャラにおいて大前提条件は

仕事ができること、やるべきことはしっかりやること、信頼性が熱いことである。

 

https://twitter.com/madera0519/status/985382895035465728?s=19

 

仕事をしっかりやっているから発言権を得られるのである。

 

また仕事をしていないのに、遊んではいけない。

それは薄っぺらい人になってしまう。

 

遊びとは真剣に働く顔があって成り立つものである。

 

 

よって

まず初めに大事なのは

・第3者視点である。

 

 

自分が一人でいるとき、ターゲットと接していないときこそ

 

堂々と振る舞う。真剣な顔をしている。

何かに集中している様。

 

ここで大事なマインドは

「別に嫌われてもいいんじゃね?」

 

周りを全然気にしない態度が大事である。

 

ここで俺って今どうみられているんだろ?

一人でいてボッチって思われていないだろうか?

 

と思ってはいけない。

 

「別に人からどう思われようが気にしない。今俺はこの事についてすごく忙しいのだ」

 

ナンパを目的に町を歩くときと友達と町を歩くとき、全然町の景色が違う。

 

おなじ風景を見ているのにも関わらず。

いつだって自分のムダな考えが邪魔をする。

 

 

 

常に人に見られているように行動しなさい!は意識するものではなく、当たり前のこと。

 

 

 

意識していると邪魔な自意識過剰を産み出す。

 

無意識化して、逆に全然見られてないと思うこと。

 

 

「人からどう見られているのか考えるよりもその日の最優先順位のことを真剣に考えよう。」

 

 

・非言語コミュニケーション

 

→非言語コミュニケーションにおいて大事なのはバランスである。

 

ダイナミックさとハートフルを金揃えた男である。

 

ダイナミックな男は抱かれたいと思われる。

でも一緒にいればいるほど混乱と興奮を与えられ続けることで疲れてしまう。

ずっと一緒にいたくはない。

 

ハートフルな男はずっと一緒にいたいと思われる存在である。

 

 

よって両方のバランスをとる。

 

 

→堂々した振る舞い=常にゆっくり振る舞う

→強いアイコンタクト=相手の目をじっと見る

→優しいかつ響く声トーン=ハートフルな声トーン

ここに愛を込める。妹を可愛がるような感じ。マザー・テレサのような包まれるハートフルな感じ。

 

ここに優しさがあればガンガンすり替えても平気。

そしてガンガンすり替えるからこそふと見える優しさの価値が上がる。

 

 

・人気なやつは明るいやつ

常に元気に振る舞おう。

エネルギーを感じさせる

 

「おはよう!」「おつかれ!」

 

でもノリが高すぎても合わない。

自然体=明るいを目指す。

 

・リアクション王、コメンテーターを目指そう

 

 

 

社会人に2週間目で気づいたこと

今日の研修で結局ナンパも仕事も繋がってるんだな~と感じた。

 

 

どんなに緊張すること、嫌なことでも仕事だから思いきってガツンと飛び込んでいくあの感じ。

 

 

お金をもらっている以上、どんなに嫌なことでも逃げられない。

 


立ち向かっていく背中には、声をかけに行く背中と同じように感じた。

 


スイッチを切り替えていく。
おれ「あーまじか、俺が1番の発表かー」

司会「○○さんお願いしまーす」

3,2,1
よしいくぜ!

 

別人モードへの突入

 

 

 

オンとオフの切り替えスイッチをガツンと切り替える。

 


また+α-


上手くやろうと考えて緊張してしまうとそれがストレスになる。また上手くやれない

 


逆に挑戦=成長=幸せと考える。
なにも考えずに思いっきり、堂々とやれば成功する。

 


1番いいマインドは


「え、普通ですがなにか?」

 

 

どんなに笑いをとっても、滑っても、あたかも普通のように接する。

 

 

それがキャラクターになる。
無理に笑いを取っていこうとしない感が逆に笑いをとる。

 

 


・会話開始10秒上位に立つ。
トーンを強く切り出す。

 

 

ウシジマくんでも言っていたが
人間関係で大事なことは舐められないこと、グリップされないこと。

 

 

常に強いというイメージを持たせるのが重要。


また
何を言うかよりどう伝えるかが本当に大事。

伝わってこそ言葉が伝わる。

伝え方、声は本当に重要である。

 

 

同期の中で
これが本当に上手くて、いつも笑いをとっているやつは

声が優しくてなおかつ強い。
相手を包み込むかのような声でなおかつ響くような声である。

 

 

 

土台に本質的な優しさが存在する。

 

 

堂々とした強い態度で

相手を包み込む、響く声はいいギャップを生む=そういう存在になりたいから相手が同調してくる。

 


・電話対応、お客様対応で学んだナンパとの共通点


ロールプレイをさせられた。


相手役はちょいちょい台本にない台詞を発信してきて、結構アドリブに苦戦した。

これは結構岡田さんの教材の学びかたに似ている。

 

 

まず流れを徹底的に覚える。

 


そして次に本番で重要なマインドは

・思いっきりやる
→堂々かつ自然体で

 

 

・相手を大切な存在だと思い込む。
→めっちゃ重要だと感じた。

 

 

会社ではお客様との会話は一対一で
自分がその会社の看板を背負っているから本当に扱いが慎重になる。

 

 

扱いが慎重になる=相手への観察力がめっちゃアップすることだ。

 

 

言動を全て拾うことが出来る。
これが本当に本質的な優しさの土台であること。

 

 

相手は自分の大切なお客様。
大切だからといって媚びを売りに行く、気に入られに行くのではなく

 

 

大切だからこそ、相手を幸せにする道に導いてあげる感覚。
そしてそれは上からではなく対等である。

 

 

地蔵の錬磨

自分の中で地蔵になる大きな原因を1つ見つけた。

 

それは

その町にいればいるほど、地蔵すればするほど、自分の存在に対して不自然に思ってしまうことだ。

 

ずっと同じ道を通れば通るほど

何してるんだろうと思ってしまうのである。

 

 

 

そのマインドはもはや狩り状態になっているのである。

 

自分の罠を仕掛けた道にウサギがやってこないか常にチェックするために往復し続ける

ってな感じだ。

 

理想は偶然見つけて、パッと捕まえる感じだ。「ここには俺の罠がないから捕まえに行ってもムダだ。」と考えてしまいがちなのである。

 

 上手くやろうとする感情を捨てる。

 

 

僕たちにとって嬉しいことは

 

可愛い子を見つけること

 

可愛い子に話しかけること

 

可愛い子とお話しすること

 

可愛い子と一晩過ごすこと

 

である。

 

いつの間にかSNSの承認欲求を満たすため、イイねを稼ぐために

 

人は簡単に倒せそうな人、上手くやれそうな人、しまいには捏造に走ったりする。

 

それでは

なんのためにこの活動をやっているのかが分からない。

 

 

・狩りにならないためにも、自分のフィードルを広げることに力を入れる。

声かけ場所は地球

 

・0から1を創り出す作業に力を入れる。

 

可愛い子を偶然見つけれたら喜ぶ

そして声をかける

 

「おお!!やったぜ、ラッキー凄い可愛い子を発見したぜ!声かけるぜ!!」

 

これの繰り返し

 

・自然さを追求

どんな相手だろうが、常に自然に接する。動じない。落ち着く。

 

・声かけは自然オープナー

→相手から聞いてみたいことを考える

→挨拶からのこれってどこで買ったの?→

自己開示、

orナンパしていい?→これってどこで買ったの?

 

 

・今日はどの子を楽しませようかな~??

どの子に、楽しい話のネタをプレゼントしようかな~マインド

 

もしくは

 

 

 

 

自然体、無意識のレベルを格上げする

自然体、無意識、当たり前のレベルを上げることのメリットは

 

エネルギーの消耗を防ぐのことである。

 

人は意識すればするほど不自然になるし

不自然になればなるほど失敗する

 

また考えれば考えるほど疲れる。

 

よってやるべきことは

シンプル思考で淡々とこなす行動のリターンが高いものにフォーカスすることである。

 

 

ウシジマくんを読んでみて

思ったことは

 

人間の1番の恐怖は孤独であると感じた。

 


f:id:yamazi0519:20180405001409j:image

 

そして死ぬ時に持っていけるものはなにもないということだ。

 

よって

二通りの死にかたがある。

1、孤独と後悔で死ぬ

2、安心感と笑顔で死ぬ

 

この違いは、ほぼ人間関係である。

モテればモテるほど人生は楽しいのであり、

信頼や人間関係とは無形の財産であることだ。

 

よって人生で最もフォーカスすべきことは

コミュニケーションの質を高めることである。

 

コミュニケーションといっても

人対人だけではない。

 

相手が、車だったり、動物だったり、会社だったり、サービスだったり

 

いろんなものがある。

 

 

人生とはモテるため

モテるためにはコミュニケーションの質を高める。

 

その方法とは?

 

→コミュニケーションをすること

 

といっても質の高いコミュニケーションを心がける。

 

質の高いとは?

・この人と話すと楽しい、元気がもらえる

・もっと一緒にいたい、仲良くなりたい

・こんな感じになりたいなどである。

 

マインド

・自分がやってほしいと思うことを相手にやる。

 

・楽しませる。でもその楽しませる気持ちを相手にバレないように、クールに、超自然に、ナチュラルに楽しませること。

 

の二題マインドである。

 

 

まず

自分のしてほしいことを相手にやるで

 

・存在価値を認めてあげる、あたえる

・相手を主役にしてあげる、美味しいキャラにしてあげる。

 

がある。

 

 「あなたはここにいますよ。ここに存在しますよ。安心してください」

 

そのためには

まず、相手に気づいてあげる。ちゃんと見てあげる。

 

ほとんどの人は自分のことしか考えていない。

だからベクトルが

自分←自分&相手になってくる人を歓迎する

 

相手の変化に気づいてあげる、興味を常にもって接してあげる。

 

本当に考えていることに共感してあげる、キャラクターをいじってあげる、センスを誉めてあげる。

これは本当に自分にとって嬉しいことである。

 

またファーストコンタクトの自然さにも繋がる。

 

ただし注意してほしいのが

与えてあげるという行為だ。

 

つまり、ステータスが高い人じゃないと嬉しくないということだ。

 

ステータスは非言語と自分の現実を生きることで決まるので常に意識する。

 

常にマイペースにいきる。

 

 

・ナチョナルに楽しませる。

相手からして気づいたら楽しいじゃん私!ってな感じ

 

この人私を楽しませようとして頑張ってるなー感を出さないこと。

 

 

最初から楽しませようとしない。

徐々に徐々に楽しませるかんじ。

 

y=2xの右上がり方程式。

 

会話は男が引っ張り

女が楽しむもん

 

つまり

男が楽しそうに話すのが

女性のことについてが理想

 

 

 

 そして本当にナチョナルに楽しませるで大事なことは

 

相手がどんなに爆笑しても、食いつきが上がったとしても、こちらは嬉しそうに絶対にしない。

普通に平然と振る舞うのを続ける。

 

それは

滑ったときもそうである。

普通に平然と滑り続ける。

 

 

 

 

 

ウシジマくんを読んで

人生で絶対にやらないこと、やっては絶対にいけない約束。

 

・借金、闇金 

→死んでもやらない、近づかない

 

・薬、ドラッグ

 

・賭け事、パチンコ、競馬

 

・風俗、女を買うこと

→男の魅力を下げる、サゲマン

→女を欲を満たすモノだと思わないこと。

 

 

・やべぇー奴等には基本近づかない、逃げ切る力を身に付ける。

 

・自分の行動、やったことに責任を持つ。

逃げない、楽な方に走らない。

 

自分の身の回りの人、仲間を大切にする

裏切らない、

 

信用は無形の財産である。

 

ナンパは難しい。だから面白い

岡田さんのナンパモチベーションプログラム(NMP)を読んで思ったことがある。

 

 

それはナンパはメチャクチャ難しいのが前提であること。

 

ナンパは失敗するのが当たり前であること。

 

実際ソクローは今まで、ノウハウコレクターの道を歩み、

 

岡田さんのパーフェクトな音声を聞き、パーフェクトな教材で学ぶこと=これさえしっかりマスターすれば絶対に失敗しないと考えていた。

 

よって成功イメージもそうである。

成功イメージを持つことはとても大切と言っていたが、それが失敗すると、自分は自信がなくなってしまう。

 

だから失敗するイメージをもって、声かけて失敗した方が、傷つかないと思ってた。

 

 

これは高校のときやっていた弓道と同じであった。

 

これで完璧と思った射形で打って外れた瞬間、自信をなくす。

 

いつだってこの世の中には完璧なんて存在しない。

 

完璧を求めるよりも

確率思考を極める。

 

こうやったら上手くいくんじゃないか?、次はこれを試してみよう。

 

失敗してもいろんな方法を考えてやってみようと思う確率思考と

 

 

失敗して、どーして上手くいかなかったんだ

、次は失敗しないようにきちんとやらなければという完璧思考とでは

 

全然これからの伸びゆきが違う。

 

そこの違いは

その行動に、リスクがあるかないかのちがいである。

 

仕事のように、ミスや失敗をしたら

他の社員に迷惑がかかるから

完璧にやらないといけない

 

でもそれが遊びだったら、なにも失うものなんかない。

 

 だったら

自分の好きなように、楽しんでやればいいじゃん。

好き勝手やる感じ。

 

マリオで

難しいコースを失敗したときに

 

楽しんでない人は

「すみません、失敗してしまいました!!次はちゃんとうまくやります汗」

とプレッシャーがかかっていること。

 

楽しんでやってる人は

「あちゃーー笑  やっちゃった笑 まぁまだライフあるしもう一回チャレンジしよ!

次は絶対にうまくやってやる!」

 

と失敗を気にせずに次々とやる感じ。

 

 

自分はアプローチを全然楽しんでなかった~ーってお話